アービトラージは、原則として短期売買になります。スワップ取引のように、数年以上に渡って外貨を保有し続ける訳ではありません。ですから損失を限定する事はできますが、機敏に反応する必要があります。ですから人によっては、ツールを活用してアービトラージの取引をしている事もあります。

アービトラージの損失限定のメリット

アービトラージは、価格差を活用して取引していく事になります。その特性上、基本的には速やかに取引をする事になるのです。新規でコインを保有したとしても、直ちに売却する事になります。それだけに損失額も限定できます。
冒頭で触れたスワップ取引をしていると、かなり含み損が拡大してしまう事があります。長期的にポジションを保有し続ける事になりますから、含み損が大きくなる事は実際あります。それはスワップ取引のデメリットの1つです。
それに対してアービトラージの場合は、基本的にはポジションを速やかに処理する事になります。短期で決済する都合上、損失を限定できる訳です。

反射神経は必要な短期売買

ただ短期で取引する以上は、なるべく速やかに行動しなければなりません。ポジションを保有したら、間髪入れずに決済を行う必要があります。それだけに相場の動きが少々激しい時などは、反射神経が求められる事もあります。
現にデイトレのスタイルで取引をしている方々は、しばしばスピーディーにボタン操作を行っています。余りのんびりしていると、利益を得るチャンスを逃してしまう可能性もあるからです。
ただスピーディーに取引するのは、簡単ではありません。コインの動きによっては、かなりの反射神経が求められる事もありますし、一歩間違うと損失になる可能性もあります。

ツールを活用して高速に取引する

ところでアービトラージの取引は、専用ツールで代行してもらう事もできます。幸いにもアービトラージに関する取引ツールは色々登場していて、無料で利用できるアプリも沢山あります。
それを活用すれば、自動的に取引してもらう事も可能です。自動的に処理してくれるだけでも、大変助かります。
そもそもPCやスマホなどの操作は、ツールに任せる方が良いケースも多いです。ツールなら迅速に自動処理してくれますから、かなりスピーディーに取引してもらう事もできます。ツールに売買を代行してもらう方が、利益率が高まるケースも多いです。
ただしアービトラージの取引ツールは、それぞれ性能も異なります。色々なツールを使い比べた上で、一番高性能なものを使用すると良いでしょう。